木造住宅は昔から日本で作られていた住宅ですので人間にも優しいのが特徴です。

一戸建て住宅 一番気になる費用について


木造住宅の注意点

一戸建て住宅 一番気になる費用について
鉄筋コンクリート性の住宅が主流となっています。
しかし中には昔ながらの木造住宅に住みたいと思っている方も多いのではないでしょうか。
最近は自然素材を使った住宅が注目を浴びています。
それにより木造住宅もまた見直されるようになってきたのです。
木造一戸建ての建設を考えている方は、その特徴と注意点について理解しておきましょう。
木造のメリットは木のぬくもりを感じられる点です。
昔の日本の一戸建てはほとんどが木造による建築でした。
木は住宅以外にも私たちの生活に多く使われています。
自然の素材ですから体に害を発生するような有害物質を出す心配もありません。
また木は湿気を吸収して放出する効果もあるので住宅内部の湿気をコントロールしてくれるのです。
ただし木造住宅には気を付けなければいけない点があります。
まずは耐震性です。
コンクリート製の一戸建ては基礎構造に置いて耐震性を高める工夫が施されています。
そして地震が起こった時も揺れに対してコンクリートや強い耐性を発揮するのです。
一方で木は地震に対する揺れの耐性がそれに比べたら弱くなってしまいます。
しかし耐震構造を高めた木造住宅もありますのでそれを適切に選べば耐震対策をきちんと取ることは可能です。
建設までに時間がかかります。
コンクリート構造の住宅の場合は既に工場である程度材料が作られておりそれを現場に運んでパズルのようにそれを組み立てて作っていくのです。
よって工事期間も一戸建てにもよりますがおおよそ1か月もあれば完成してしまうパターンがほとんどです。
しかしながら木造はそういうわけにはいきません。
パズルのように組み立てていくことは難しく現場で木材を運び込んで基礎から建築までその場で行う必要があるのです。
よってコンクリート住宅の倍以上の時間がかかってしまうケースが大半です。
それなので木造住宅を建設するならある程度時間的余裕が必要だということを覚えておきましょう。
木材が割れたり剃ったりすることが考えられます。
それは使用しているうちに木の水分が抜けてくるからなのです。
もともと木材には水分が含まれているのですが、使用しているうちにその水分が抜けてきます。
それによって木が割れてきたり反り返ったりといった現象が起こってしまうのです。
それもまた木の持っている良さだと思われる方もいらっしゃいますが、最近では基本的には建築の際に木の水分の量を計って一定の量の水分を含んだ木を使うのが一般的ですのでそのような現象も起こりにくくなっています。
Copyright (C)2017一戸建て住宅 一番気になる費用について.All rights reserved.