本当は持ち家を買うならマンションよりも一戸建てに住みたい方が大半なのです。

一戸建て住宅 一番気になる費用について


本当に住みたい持ち家とは

一戸建て住宅 一番気になる費用について
持ち家を購入しようと考えるのは30代から40代が圧倒的に多いのです。
結婚してお子さんが生まれると住宅購入を決断される方が多いのです。
そこでマンションか一戸建てで迷われる方も沢山いらっしゃると思います。
近頃はマンションの着工数も増えておりマンション人気が高いように見えるのですが実際のところどうなのでしょうか。
実はアンケートを取ってみると本当は持ち家としては一戸建てが欲しいというのが本音なのだそうです。
しかし事情により仕方なく一戸建てをあきらめてマンションを選んだという方が非常に多くいらっしゃるのです。
その理由は何でしょうか。
ひとつは経済的不安です。
年金の財源が不足しているということはニュース等で報道されていますので多くの方が知っている事実です。
今後自分自身が年金をもらう年代になったときにもらえるかどうかも定かではありません。
また例えもらえても生活していくだけに十分な金額がもらえる保証もありません。
そこで住宅にかける費用を抑えることで老後の蓄えを残しておきたいと考えるのです。
実際に住宅ローンの返済を定年前までに終えたいと考えている方が大半なのです。
ローンや返済期間を計算するとやはり予算が限られてしまうので一戸建てをあきらめてマンションを選ぶのかもしれません。
また雇用に対する不安もあります。
大手企業に就職できたとしてもずっとその会社が永続するかはわかりませんし、リストラされてしまう可能性もあるからです。
また正社員として働いていなければ家を買うことすらできません。
お子さんの教育にお金がかかることも要因となっています。
日本では教育費に多額の費用がかかるのでそれが家計を大きく圧迫している家庭も少なくはありません。
しかしお子さんの将来の事を考えるとその費用は削れないためにその他の部分を節約して教育費として回しているのです。
貯蓄額が少ないのも原因となっています。
ここ数年のサラリーマンの給与を見てみると年々平均額が下がってきているのです。
それなのに出ていくお金は変わらないわけですから貯蓄ができない家庭が増えているのです。
貯蓄平均額が500万円に満たないという家庭も少なくはありません。
住宅購入の際に頭金として貯金を回したくてもそれができない方が増えているので余計に住宅にお金をかけられなくなっているのです。
今後経済対策等で景気が回復し、サラリーマンの給与が増える、正社員の数が増えるなら、一戸建ての着工件数が今以上に増えるかもしれません。

関連リンク

Copyright (C)2017一戸建て住宅 一番気になる費用について.All rights reserved.