断熱の方法には内側からと外側からの二通りがあるのです。それぞれメリットデメリットを知りましょう。

一戸建て住宅 一番気になる費用について


断熱の方法について

一戸建て住宅 一番気になる費用について
近頃の住宅は一年中を通して快適に過ごせるように設計されています。
住宅内部の気密性を高めて冬は暖かく、夏は涼しく過ごせるようになっているのです。
そこで断熱材が使われています。
住宅展示場などにいって営業の方の説明を聞くとほとんどが断熱材というのは一戸建ての外側に付けられているのが一般的なやり方です。
しかし家の内部に断熱材を入れる方法もあるのです。
今は外断熱が主流ですから内断熱という方法について知らなかったと言う方も多いのではないでしょうか。
そこでそれぞれの特徴を理解して、自分の家づくりの参考にしてみましょう。
まず外断熱の特徴についてみていきましょう。
外断熱は断熱材を外壁の中に入れます。
外壁に入れるので建物全体を断熱材で覆うことができます。
また外の外気をシャットアウトするため高い断熱効果が期待できます。
また湿気を逃す効果もあるので断熱効果が高くても自宅内で結露が起こりにくいのです。
よって湿気により発生しやすいカビや腐食を防ぐことが出来るのです。
ただ外断熱にもデメリットはあります。
まずは工事費用が高くなってしまうことです。
断熱材の素材、そしてそれを壁に埋め込む手間がかかるからです。
また断熱材の効果を高めるために窓も気密性が高い窓を使っている一戸建てが多くあります。
しかしそうすると住宅内部の空気が滞りがちで健康上よくありません。
よって定期的な換気が必要となってくるのです。
一戸建てによっては24時間換気システムを採用しており自動的に換気が行われるように設定しているお宅もあるのです。
その一方で内側からの断熱は断熱材を柱などの隙間に入れ込みます。
外断熱よりも工事の手間がかからないので工事費用は安く仕上がります。
しかしながら断熱箇所にムラができるので一戸建て全体をカバーすることが難しく断熱効果という点では劣ります。
また部分的に断熱効果があるので湿気が発生しやすいのが難点です。
それではもしも一戸建てを建築することにしたらどちらの断熱方法が良いのでしょうか。
それはまずあなたがどこの地域に一戸建てを建てるのか、そして予算によって決めるべきだと考えます。
外断熱のほうが圧倒的に断熱効果が高いのですが、お住まいの地域によってそれだけの断熱が必要とは言い切れないからです。
内断熱で十分という地域もあります。
また湿気がたまりやすいのは困りますから多湿地域では余計にその点を考えてどちらの方法がいいのかを考えたほうがいいでしょう。
Copyright (C)2017一戸建て住宅 一番気になる費用について.All rights reserved.